だいぶ前に、文投げ部部長と、マクドナルドした時に、なんとなく思ったのは、サービスと低価格に追われて、働いている人はすごいしんどいのじゃないかな?という事だった。

 そんなに、お金に困っている訳じゃあないから、別に安いモノは、食べなくてよいかもしれないな。チェーンとか、CMとかやっている飲食店には行かなくてよいかも知れない。そもそも、私は、身近に感じる所にお金を使うのが好きだ。パチンコとかは、まあ、別として。


 やみいち行動の稽古の時に、稽古前に、百万遍のハイライト食堂をよく使う。唯一サラリーマンらしい日常かもしれん。まあ、ハイライト食堂も安さと量が売りなのだが、この間言った時は、21時くらいだったが、忙しい時だったみたいで、店員さん達は、ちょっと殺気だっていて、慌てて皿が割れていた。だけど、険悪な雰囲気にはなってなかったと思う。


 以下のエントリーを読んだ。

 http://ameblo.jp/basko-basko/entry-10217014004.html

 ほんまかいな、と思う。まあ、人間がやっている事だから、そういう事例もあるのだろうけど、それだけを抽出して、まとめたら…増幅されるモノがありますよね。王将を良く知らない人は、とんでもない店だと思うのじゃあないだろうか。まあ、そんな事例もあるのかも知れないけど、京都に住まう者として、全てじゃあないと、言っておきたい。

 ハイライト食堂の話は、ちょっと、外れてきたけど。働いている人も、人間、客も人間、お金を貰っている側は、問答無用で、サービスに徹底しないといけない…というのは、結局、お互い、住みにくくしているのじゃあないかな。もうちょっと、その辺りを、ゆるっと考えて行きたいなと、URLのエントリーを読んで考えた。