こんにちは、りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は前回の続き。

 

unhuman.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は食堂の白い灯りを見つけた。

 

 

 

 

閑散とした食堂だった、が、3人ほど客がいた。

現地の住人のようだ。彼等は国境ゲート近辺で働いているのかもしれない。国境が開く時間までここで朝食を食べているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターに出ている数種類の麺や具材から食べたい物を伝え、席に着く。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214073747j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直言ってお腹は空いていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくり時間をかけて麺をすする。

 

 

 

中国最後の食事にしては簡素な、しかし落ち着く、いつもの朝食だ。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214073958j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

外が明るくなるまで長居してもいいかと訊ねると、店主は快くうなずいてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空がゆっくり白んでくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214083239j:plain

 

 

 

 

 

出入国管理署の横にはバス停があり、椅子の背には国境の写真看板があった。

川の右手前が今私のいる中国河口で、左がベトナムのラオカイである。

 

中国とベトナムを繋ぐ橋、これを歩いて国境を越えるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:meguroryokoworks:20151214083041j:plain

 

 

 

 

だいぶ明るくなってきた。

午前8時前。出国ゲートに並んで扉の開くのを待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出国手続きは難なく済んだ。

 

 

 

 

中国河口と書かれた三角のゲートをくぐる。

 

 

 

 

 

朝日がちょうど橋の向こう側から光っている。

が、雲が多いので徐々に視界が白くなっていくような朝だ。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091236j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091421j:plain

 

 

 

 

 

 

 

向こう側から来る人々の様相は、見慣れた中国のものとは全然違っていた。

 

顔立ちもそうだが、洋服の合わせ方、歩き方の癖など何もかも違って見えた。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091459j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091511j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091537j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091445j:plain

 

 

 

渡る途中、何度か中国の方を振り返る。

 

 

 

そんなつもりはないけれど、少しは中国を名残惜しく思っているのだろうか。

 

 

でも私の気持ちはベトナムに向いている。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091640j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091648j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214091707j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋を渡り終えると、空気のにおいも変わっていた。

 

 

 

 

入国審査を終え、街に出ると、全く新しい景色が広がっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナムと中国は1時間の時差がある。

中国は8時だったのがベトナムに来ると7時に戻る。

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214093521j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中にはこれまでの旅の疲れと清濁混合の思い出たちがびっしりと張り付いている。

 

 

 

 

 

それらはずっしりと重く、忘れるなどとても出来ないだろう。

私は事あるごとに振り返り、思い出に浸るだろう。

 

 

 

 

それでも前方からは朝日が差すのだ。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214093838j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214094827j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋を渡るときに中国の方向を振り返った私、

 

ベトナムにわくわくしている私。

 

 

 

控え目な朝日はふたつの気持ちを平等に照らし、浮き上がらせたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.